アンチエイジングはいつから?年齢別オススメ化粧品

年齢を重ねた方が気になるワード、アンチエイジング。

自分はいつから始めたらいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

アンチエイジングを始める年齢は決まっていません。

気になりだしたらエイジングケアをスタートしてみましょう。

 

ここでは年齢別で気なるアンチエイジングワードと、オススメの化粧品をご紹介します。

 

 

・たるみやシワが気になり出す30代

20代ではあまり気にならなかった「たるみ」や「シワ」が、30代になると気になってくる方が多いようです。

特に気になる部分は「頬・あご下・目の周り・口角」の4つ。

 

30代になると、肌の皮脂量が減り始めるので肌のバリア機能が下降し始めてきます。

肌のバリア機能は外からの刺激から守ってくれる働きがあるのですが、この機能が下降してくると肌が乾燥し紫外線などの刺激から守ることができなくなってしまいます。

また、内側の水分が蒸発して肌のターンオーバー機能も低下してきます。

肌には、修復機能があるので本来であれば修復作業が行われて外部刺激から守られますが、バリア機能の低下によりその機能が追い付かず、さらに年齢を重ねると深刻化していくのです。

 

たるみやシワ対策でオススメなのは、高濃度ビタミンC・レチノール・セラミドなどが含まれた化粧品。

肌のハリを出すビタミンCや肌への浸透力に優れたセラミドが入った化粧品を使用することで、水分量を増やし肌のバリア機能を高めましょう。

 

 

 

・アンチエイジング化粧品を調べる40代

40代になるとエイジングケアを始める方が多くいらっしゃいます。

そこで多くに方がぶつかる問題は、何が自分の肌に合っているのかわからないということ。

 

肌の悩みで多くみられるのが、肌のハリやツヤが減って少し老けて見えることに加え、シミやくすみなどの色味、目の下の小じわが今までよりもくっきりとしてくることです。

その原因は女性ホルモンの低下によるターンオーバー機能の乱れと、水分量・皮脂量が急速に減ってくる現象にあるため、水分と油分を十分に補うケアが必要になってきます。

シワやシミは一度定着すると消えにくいため、早めの対策が重要なのですが肌のバリア機能の低下が深刻であると、油分が高すぎる化粧品は肌に刺激となり負担がかかります。

水分・油分は必要ですが、浸透性の高いものを選ぶことをオススメします。

 

 

 

・化粧品にこだわりたい50代

50代になると、多くの方がエイジングケアを始めています。

さまざまな悩みをかかえている50代女性ですが、最も多く悩んでいるのは頬のほうれい線が深くなってくることと、まぶたの皮膚など肌のたるみとなります。

そして肌が急速に衰えてしまうと、輪郭までも変化してきます。

また、シミ・そばかすも気になるワード。メイクで隠し切れないほどの濃いシミはターンオーバーが正しく行われず、活性酸素を除去する機能も低下するので外部刺激でダメージを受けやすくなります。また、閉経を迎え女性ホルモンのエストロゲンが減少し肌の老化スピードが加速するのです。

 

しかし自分の肌に合ったケアをすれば、アンチエイジングの効果が期待できる可能性がアップします。

肌の老化が起こる大きな原因はほぼ乾燥です。

肌を守るバリア機能もだいぶ低くなってきていますので、さらっとスキンケアをするのではなく十分保湿したあとヒアルロン酸・コラーゲンなど栄養が肌にいきわたるような化粧品を使いエイジングケアを行っていくことが必要です。

 

エイジングケアを行っている方でも、間違ったケアをしてしまうと逆効果になることも。

肌のバリア機能が低くなっている年代は、敏感肌の肌質へと変化していますので刺激があまりなく主に天然から作られた成分が含まれている化粧品を選択すると肌も喜ぶでしょう。

 

 

 

・まだ若返りの余地あり!60代

60代になると今までの年代で気になっていた乾燥、シミやシワ、肌のたるみやくすみのほか、食生活など生活リズムによってそれぞれ変化が出てくる年代となります。

女性ホルモンのエストロゲンが欠乏し、骨や血管、粘膜や肌が50代よりも弱くなり、高血圧や骨粗鬆症になる方が増えてきます。

しかし40代から50代に起こるような急激な変化はなく、肌老化速度は緩やかに。

これまでのスキンケアで保湿と紫外線対策をきちんと行い続けてきたようであれば焦ることはありません。

 

50代に引き続き、60代も肌のバリア機能は低下していますので、刺激のない化粧品を選びましょう。

シワやくすみを隠すため、濃いメイク・過度な基礎化粧品を使用してしまうと肌に負担がかかってくるのでシンプルなエイジングケアがオススメ。

そこで重要となってくるのは保湿。セラミドで細胞同士の間を埋め、保湿を心掛けること。

60代だからといっても、きちんとしたエイジングケアをすることでまだ若返る余地はあるのです。

一番避けたいのはアルコール(エタノール)、揮発性のためさらに乾燥肌になってしまいます。

 

 

 

・どの年代にも合う?!幹細胞化粧品

最近注目を浴びている幹細胞化粧品はご存知ですか?

失われた細胞を再度生み出して補う能力を持つ「幹細胞」を培養する際に、分泌される「幹細胞培養液」が配合された化粧品です。

アンチエイジング化粧品とはアプローチが根本的に違い、肌組織の細胞へ働きかける化粧品なのでどの年代でも使うことができる化粧品となっています。

 

幹細胞化粧品の効果で、特に期待したいのは肌のバリア機能の改善。

失われた細胞を再度生み出す能力を持っている幹細胞培養液が入っているので、バリア機能が改善すれば肌の保湿力が高まり刺激から肌を守ることができます。

幹細胞化粧品は年齢に関係なく行えるため、アンチエイジングを始めたいと思った際にスタートできる特性も持っています。

 

ほかにも、さまざまな効果・効能が期待できる幹細胞化粧品、これからさらに注目が集まりそうです。

 

 

 

いかがでしたか?

それぞれの年代で悩みが違いますので、その悩みに合わせた化粧品を使用することが大切なのですね。幹細胞化粧品からも目が離せません。

アンチエイジングを始める年齢は決まっていないので、気になるようであれば始めてみましょう。

関連記事

العربية简体中文繁體中文NederlandsEnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsРусскийEspañolSvenskaไทย

最近の記事

  1. アンチエイジングとは?美容への扉を開けよう!

  2. シワ伸ばしテープの取り扱いは要注意!

  3. シミにはレーザーがいい?選ばれる理由と種類の紹介